読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斜陽 / 太宰治

どうにも最近、読書感想ばかり書いてますけど。
こないだ勢いでPSP買っちゃったので、しばらく読書が進まないと思います
今更ながらモンハン2nd★

中旬締め切りのレポートは無事ぜんぶ終了。
火曜日の哲学の試験で、ほぼ前期終わりみたいなもんだずぇ
授業も水曜で終わりだし~
チャイ語の試験と、8000字の鬼レポート〆が月末にありますけど…
ああ、8000字どうしよう
翻案小説書ける気しないし、かといって考察で8,000字もいや
要するに、嫌。


***

花の香りを忘れた乙女は
捧げられた花束に、
熱っぽい台詞に、
冷めた瞳で首を傾げる

*
ところで
思いは引きずっていませんが
思い出は引きずっているように思います
やはり私、うお座なのです

 

今さら読みました太宰さんの斜陽。6月末くらいに。
生誕100周年につられて手にしてみた。

あたし太宰の本って…「女生徒」しかまともに読んだことないかも
人間失格は15,6のときに一度挫折した気がする。
「女生徒」は面白くて、たしかお風呂でゆでダコになった。

で、斜陽ですが。

んー。正直、貴族なんてリアリティなくて。
恋だ革命だと繰り返す主人公の女は、あまり好きじゃなくて。
(この女、独りよがりが激しすぎじゃなくて?)
印象に残ってるのは、弟直治の遺書のところかなあ。
ひそやかで可愛らしい恋心と、大げさな葛藤。
一番最後の「姉さん。僕は、貴族です。」が、なんか痛い。
人生かけて苦心した直治が、くだした結論。
生まれは変えられないのだ、と。

けどやっぱり、共感はできません。

暗い話だとやはり思うんだけど
その影の中に、もがいてる光みたいなのがある気がする。
すべてが崩れ去ってゆくなかでひとり立ち上がる、蝮を抱いた元・お嬢様。

遺書のすぐあと、主人公の台詞も印象的。

「今の世の中で、一ばん美しいのは犠牲者です。」


共感はしませんけど。

てか一番最後、主人公のたのみの意図がわからない。
なぜ生まれた子を奥さんに抱かせるのが、直治のためになるのだろう?

 

斜陽 (新潮文庫)

斜陽 (新潮文庫)