読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VINAKA!*weekend

今回は週末のことを書きまーす

向こうでは、「英語がもっと話せたら」と日々へこんでいたけど
それを一番強く感じたのは、もしかすると、離島で欧米人たちと知り合ったときかもしれない。
まあでも、あたしの英語力でもホームステイはなんとかなるもんですね
Host motherとかは易しい英語を使ってくれるし。

ちなみに、挨拶以外で多用してた英単語が Really? です。

(Sorryとthank youの使用頻度はもちろん半端ない)
もう「まじで?」連発。相槌は主に「まじで?」
完全に頭悪い子だね!
「すごーい・やばーい・まじでー」を多用する若者は、きっと語彙がないだけなんですね
reallyの発音は、この2週間でだいぶ向上したのではと思われます。
言い方にもバリエーションが出来ました。

以下相変わらず超長い回想記、weekend Ver.

 

8/29 Sut.
朝8時、空港に集合。旅行会社の小型バスで港へ。港からまさかと思う小型船で出発~
Nadiの方は雲が多くて心配だったんだけど、本島を離れるにつれてどんどん快晴に!!
Beach Comberに着くまでの船旅も、ほんと気持ちよかった。
海を走ること40分くらい(まずここでこの日最初のGold beer)、
水色の海に囲まれた美しき島にとうちゃーく

fiji 145


ちなみに、一応メンバーはあたし含めての女6人だったんだけど
集合したら、知り合いの女の子2人組(日帰り)と男の子2人組がいて、島では一緒に遊んでた´∀`

船の上からでも底が見えるほどの透明な海。
当然シュノーケルやりました
沖縄でハマったんですが、ほんと大好き。
人魚の気分になる。海がきらきらして、色々な魚がすぐ近くに泳いでて。
気づくと沖に行っていたり、もうほんと、夢中になると時間忘れる。
さすがに疲れてビーチに帰ったら、「え、黒くなってんだけどwwwww」って言われました
紫外線恐るべし。(日本の10倍らしいよ)

昼飯後は、欧米人たちとなぜかビーチバレー。
いつの間に知り合いになったのか知らん。たぶん、男の子二人組繋がりかと
ちなみに離島は、日本人(FBI student)のほかは欧米人たちがたくさんいました
イケメンの白人もいっぱいいました
私たちニッポン乙女は、到着した瞬間から目を爛々と輝かせておりました
日本人は白人が好き、だと思う。コンプレックスですかね。
(関係ないけど、インド人♂は日本人♀が好きらしい)

その後は優雅に海を見ながらGold beer飲んだりテキーラサンライズ飲んだり。サンライズがまさかの$16(1000円弱)。リゾート怖い。
友達がひとりデジカメ充電きれて、バカチョンカメラを購入したんだけど
なんとなんとの4000円。リゾートのコダック怖い。

ひとしきり遊んでシャワーを浴びた後、夕日を見に西のビーチへ出かけたら
ちょうど沈むとこだった。3秒くらいだけ、日の線が見えた。。
太陽って沈むの高速なのね´Д` 
仕方がないので、砂浜で貝を集めて、みんなの名前を作ってみたり。

fiji 112


青春ドラマを気取ったあとは、ディナ~
晩飯は、主にチキンの色々でした。まあ、美味しいとは言いがたかった。
食後、イベントまで時間があるので星を眺めに島を一周。一周20分くらいの、小さな島です。

満点の星空をずっと見ていると、目がチカチカしてきて、自分がどのように立っているのかよくわからなくなる。
この星の光は何億年も前のもので、今は存在しない星のものかもしれない
そう考えると、自分が存在している今、という時間がよくわからなくなる。
あの瞬間、あたしが信じている「場所」も「時間」もすべてが揺らいで
ただ、美しい星が光る闇だけが在った。

イベントは、食堂の中央にあるステージで行われて
フィジアンダンスや、炎のついた棒をバトンのようにまわす少年が登場(ムービー撮ったのに…)
その後、ペアでフリーダンスをして優勝者を決めたり(私たちJapaneseはシャイなため、ほとんど出場せずw)、フィジアンダンスをみんなで踊ったり。
バーもかなり賑わってきて、イベントスペースはクラブにちぇんじw
カラフルなライトが光って、ハイテンションな曲が流れて、自由にだんしんぐ~
あたくしも、酒がまわった後は踊らさせて頂きました・∀・てへ

実はこん時、仲良くなったスウェーデン?の男の子が一人いて
二人でビーチに出たりもしたんですけどね
如何せん英語がわっかんねぇの^^
年齢だ出身だとか以上の突っ込んだ話なんか全然出来ず。

離島に来て、欧米人たちとお喋りする機会はかなりあったんだけど
あたしの語力じゃ、さっぱりcommunicationとれないのね
彼らは、Fijiの人たちよりずっと早口で英語を話すし、やっぱりなんか音が違う
英語話せないことが、ほんとに悔しかった。

まあ酒飲んで踊ってる限りは言葉とか関係ないんですけどw
みんな各々楽しんだ後、1時すぎに引き上げて就寝。

(2人は先に部屋、2人+男1はひたすら飲み続け、もう2人+男1は主にだんしんぐ←あたしココ)
昼間、イケメンだと大人気だったMartin(31)が、呂律まわらないほどに酔っ払っていた。彼、昼間はCoolだったのに。
日本のオヤジと何ら変わらないですね。うん、それでいいと思います。

8/30 Sun.
やっぱり日の出を逃す。
2人だけ見に行った子がいたので、ムービーで我慢した。ちくしょう。
この日はほとんど海の中へ入らず、ビーチの日陰に寝転んでセレブ気分
昨夜のスウェーデンの彼(名前は聞いた3秒後に忘れた)とも絡んだり。

昼食後に、パラセーリング
実は朝一から言ってたんだけどね-。係りのひとマイペースすぎ。さすがふぃじあん。
何度もまだー?って確認に行くうちに、係りのごっついお兄ちゃんに気に入られたようで
休暇にNadiいくから遊ぼうよってナンパされた。番号もらた。
30くらいかと思ってたら、まさかの20歳だったし。
日本人はとても幼く見える、ってみんなゆう。あたしなんかは、さらにとても背が低いので、年齢言うと驚くひとも多い。じゃあなにか、言い寄るひとはロリコンか。
Host motherも2,3個しか違わないのに、Little girlx2、cutex2ってすげぇ言ってたし・ω・
日本では、老けてると言われ続けて思春期を過ごし、ようよう実年齢と外見が合わさってきたとこなんですけどw 

で、パラセーリングですが!!
飛ぶ瞬間は怖かったけど、空に浮かんだのちの、その景色といったらもう。
天国かと錯覚するほどに。
360度、青い空と水平線。遠くに見える小さな島々。きらきら輝く、底が見えるほど透き通った海。
言葉ではいえないほど、美しい景色でした。Beyond description!
「幸せ」とか「生の悦び」とか
そういうものを目に見えるカタチにしたら、ああいう世界かもしれない

午後3時、島を発つ。
昼過ぎくらいからかなり強風になってきてて
海慣れしてないあたし達なんかは、船出るかも心配するほどの強風だったのだけど。
現地の方たちは誰一人、1ミリも慌てておらず。当然、船も出ました。
けれど。
帰りの船が、行きの船のサイズを遥かに凌ぐ、スモールサイズ。
ていうか救助用ボートだろ?救命用具見えてたし
その船に十数人がつめこまれ、いざ荒波へ出帆!しましたが
もうね、なんのアトラクションかと思った!
波の上を跳ねる跳ねる、スピード出す出す、船体傾く傾く。
水上スキーとか目じゃないくらいの絶叫系っぷり。
みなが慣れるまでの15分ほど、船から叫び声が途切れることなかったです。
あたしは楽しくて仕方なかったけど。
でも、行きよりかなり早く本島着いた。運転手さん、何か用事あったのかな。デートとか。

こうして、Fijiでの週末は終わりました。ちゃんちゃん。

fiji 134


とんでもなく楽しかった。

all photos by Yosuke