読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛のむきだし。

昨日は1ヶ月ぶりにおデートでお台場。

なんか微妙に、想いが冷えてっているような気もしなくもないです
いやわかんない、只の慣れかもしんないけど。
ああもう、これだから嫌。
会わないとあたしの中を占めてる割合はどんどん減っていって
触れてないとあたしの温度はどんどん下がっていく。
急いでレンチンして!!温めなおして!!

さて
久しぶりに家で酒を飲みつつ、映画見てました。愛のむきだし」。
予想外に超いい映画だったので感想書く

っていうか、アルマゲドン以来の号泣を記録した。

愛のむきだし [DVD]

愛のむきだし [DVD]

 

 

 

  ――信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。
    その中で最も大いなるものは、愛である。 ――コリント使途への手紙13章


愛してるからこそ勃起するのだ!

ええと、「愛のむきだし」見ました。
結構前から気になってたんだけど、地元のツタヤいつもレンタル中で。
やっと借りれたので、怒涛の4時間(上下巻)を一気に見てやりました。
監督は園子温自殺サークルと同じ人だってー
自殺サークル」名前に惹かれてむかし見たことあるのだけど
ただひたすらグロかった思い出しかないのよね。ストーリーとか全然覚えてない。

愛のむきだし」は、コメディ要素大盛りのエログロ純愛すとーりー。たぶん。
宗教と、盗撮と、友情と、家族と、捻じ曲がった痛いほどの純愛。
あらすじ…書けねーなー。
暴力と性的欲求と狂気と、純粋すぎる愛に満ちてた。
メイン3人(ユウ・ヨーコ・コイケ)の鬼気迫る演技もすごい! まじ狂気。
コイケ超怖い。顔怖い。

純愛って、性的要素を排除したものだけを指すんじゃない。
最近読んだ「すんドめ」でも思ったんだけど
好きだから屹立するんです欲望するんです。純愛すぎて変態なんです。
プライドとか見栄とか恥とか
そういうものの何にも守られてないむきだしの愛は、あまりに傷つきやすくて
そしてまっすぐ過ぎて、人を怯えさせたり傷つけたりする。
ああ。
むきだす勇気はないけれど、「愛(勃起)を恥じるな」。

主人公(ユウ役)の西島隆弘がかっこよすぎてどうしよう。
音楽が大好きなゆら帝だったのもまた最高。

ちなみに「すんドめ」ってのはヤンチャンで連載してた漫画
実はこれも、ラストちょっと泣いたw 

好きです。

すんドめ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)

すんドめ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)