読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国上陸。

つつついに、初海外旅行しました
5日に上海へ出発して、昨日8日に帰国!
さすがに旅行2連発でちょっと疲れたけど´д`
今日は一日中ぐだぐだぐだ

いやあ楽しかった~
色々ありました
また細かく時系列に従って書いてみます自己満です

 

初日

8日、9時半頃家を出て14時過ぎに日本出発。
出国手続きが意外とあっけなかった。
で、上海の浦東空港へ着いたのが向こうの時刻で16時頃だっけかな?
はい豪雨
飛行機から空港内バスへの乗り換えで普通に濡れた
入国手続き終えて即せっかちな添乗員と一緒に車でホテルへ
はい渋滞
ホテルまで2時間かかって、19時半の雑技団には間に合いそうにもなく。
とりあえずロビーで母親と合流して、雑技団を見に~
15分くらいオーバーしてたけど、すごかったわあ雑技団
人間技じゃなかった。とくに体の柔らかさ。
背骨とかどこ?

22時頃ホテル戻って、軽く夕飯。
22時半閉店らしく、あたしたちのテーブルの周りをうろつく店員。
帰って欲しいオーラ全開でした。
中国の店員は総じて、愛想というものがない。
うぜーよだりーよって態度を隠そうともしません。
それどころか、客が来てたって友達とお喋りし続ける店員も多い。
日本ではアリエナイアルヨー

ホテルの部屋はさすが四ッ星、かなり綺麗。
ただ、、、洗面所の排水溝が、閉じてた。
こう、上下するやつあるじゃん。
あれが、綺麗にハマっちゃって、上下させるボタンっていうかレバーが無い。
ひどく困りました。
とりあえず英語と中国語両方で必死のメモを残し
翌日のベッドメイク時に希望を託しました。


二日目。
朝食つきなので、ホテルのビュッフェで優雅に朝ごはん。
上海駅前は朝っぱらから人が多く、新宿とかそーいう雰囲気。
まず電車で南京東路へ。
ローソンを見つけて思わず寄ったんだけど、店員の愛想はやはり皆無。
日本だったらD-だよ。
同じコンビニ店員としては許しがたいものがありました…。
ファッションビルに寄ったり、小さなバスに乗ったりふらふら。
客引きがひどかったね、ここは。
「カワイイネーヤスイヨートモダチーオーモロー」って100mくらい付いてきてた。

その後南京西路の駅から呉江路へ。
西路は東路と打って変わって、綺麗な町でした!
駅前にはお洒落なカフェやらジュースバーやら美容院やら、っていう。
が、一本抜けて呉江路へ入ると、そこは屋台通り。
ごちゃごちゃ人が多くて、色んな食べ物の匂いが混ざって、ごみが沢山落ちてて。
中国は、一本道が違うだけでまるで別の町のよう。
でも呉江路楽しかった。
並んで焼き小龍包を買ったンだけど
2個買うつもりが、8個買ってた。
あたし、リャンガって言ったはずなのに(;Д;)
言語の壁を痛感させられました。これが上海旅行一発目の挫折でした。

楽しみにしてた外灘のトンネルを通って、浦東側へ。
トンネルは大したことなかったです、片道で十分です。
そうそう、トンネルのチケ売り場に、
色々なものが映し出される双眼鏡みたいなカタチの機械があって
興味本位で1元払って覗いたんです。
ひたすら女のグラビアだった。
友達のは、岩の絶景とかでした。
「綺麗~」と言われて、「綺麗は綺麗だけどさあ」ってあたし答えてました。

浦東側へ着いて、東方明珠塔へ。別名、ぼったくりタワー。
最上階335mまであがったんだけど、2000円以上しました。
景色なんか10分で飽きたしね。窓ガラスとか曇ってたしね。
タワー内の喫茶店は600円以上したしね
100ml程度しか入らねぇコップのくせに!

17時半に母親と母ダーリンと待ち合わせてる南京東路まで戻って、ディナー!
上海蟹のふるこ~す♪
やーばかった
蟹味噌も蟹も海老も超うまい。蟹の小龍包も神だった。
ただ、やっぱり紹興酒は苦手です。
青島碑酒(ビール)は、日本のビールより飲みやすかった。
その後はナイトクルーズ。
一番派手な金ピカ龍の船に乗ったんですが
ママダァリンが裏でチケットをまわしてくれるっていうおばさんについていったので
一時は暗い路地でわからない言語の会話を聞きながら、
あたくし不安に震えておりました。
いやまあ結局安く入手して無事乗れたから終わりよければ・・ですけど。
夜景は素晴らしかったしね!
まるでディズニーランドでした。ツクリモノのようでした。
いやツクリモノだけど。計算されてるのが見え見えだったけど。
綺麗だったから、何でもいいか。
あたしは外灘側が断然好きだった。
浦東側は近未来的で宇宙っぽくて、あれはあれで綺麗なんだけど
なんていうかちょっと怖い。
高層ビルにギラギラ輝く照明。真新しいのに、今にも崩れそうだと感じた。

上海さ
ほんと工事中の量が半端ない。あっちこちで何かを建設してる。
それだけ急速に発展してるんだろうけど、どっかで絶対ガタがくるよ、アレ
あたしが浦東の景色に感じた不安は、きっとそういう不安だ。

ナイトクルーズの後はグランドハイアットのバーに!
が、上海って電気22時に消しやがるんですよ
電気節約?そんならあんなギラギラさせなきゃいいのにね
結局バーでは、暗い町並みを眺めておりました、、、
上海ブルーってカクテル、美味しかった。

ていうかなんか予想以上に長文になってるんですが
結構ぎゅうぎゅうで行動してたしな~
そんだけ充実してたってことで


3日目。
むくんだ足とたまってきた疲労を感じつつ起床。
あ、ちなみに!排水溝は帰ったら直ってました!思わずガッツポーズものです。
あれはまじ嬉しかった。

この日はタクシーで豫園へ。
人だらけの豫園商城でうろうろ買い物とかして
超有名店、南翔饅頭店で昼飯。
レストランも15分ほど並んだけど、テイクアウトとかもっとやばい並んでた。
さすが、どのガイドブックにも「ココははずせない!」と載ってただけあります。
小龍包も、もちろん美味しかった。
でもあたしは、前日コースで食ったやつのが旨かったと思うです。
食後に豫園を散歩。
やたら広くてグルグル迷路みたいな造りだった。
正直、日本庭園のが良い。
建物の造りや、ゴツゴツした岩が豪快な雰囲気。繊細さに欠けるのかな~
歩きつかれて、豫園商城の中のお茶屋で休憩。
中国で出されるお茶、ほんと美味しい。
九曲橋の人ごみを見下ろしながら、ゆったりだらだら
天気もよくて、幸せなひとときでした*´∀`*

豫園のあとは東台路の骨董市場
ここ超たのし~
がらくたばっかし!
懐中時計と"毛沢東語録"って書かれたライターをお買い上げ★
変な玩具好きのあたしは、ほかにも欲しいものいっぱいでした。
ストライキ起こしてる風の人形とか
サングラスかけた仏像とか
まんぐり返ししてる男の子を覗き込んてる女の子の置物とか
また行きたい。そんでもってもっと余計なもん買いたい。
で、マッサージへ*´`*
足のオイルマッサージしてもらった~
二人とも爆睡。起きたら足がすっきり軽々。
素敵!!60分130元で、2000円以下でした。
ほんと気持ちよかった~。次は全身やりたい。

軽い足取りで新天地まで散歩。
新天地は、オサレ~な店だらけでした。表参道っぽい。
観光客も白人が多く、男女ともにお洒落で綺麗な人が多かった。
アイスクリーム屋さんで1000円ほどのアイスを食し、二人でセレブな気分。
が、会計を忘れて帰りそうになるという事件。
店員さんがダッシュで追ってきました。
まったくもって庶民全開。セレブどころか犯罪者一歩手前。
恥ずかしくて死ぬかとおもたよ。
上海最後の夜も更けてきて、南京西路へ向かい夕食。
エビ団子やばかったっす。麻婆豆腐辛かったっす。
5,6品ほど頼んで二人とも腹が妊婦に。
やっぱり中華は、みんなでつつくものだと思いましたです。
食後に西路から東路まで、夜道を散歩。
夜はまた表情が違って、面白かった。

ホテルに帰ると、また排水溝が閉じてました。
何故。

最終日は、起きてすぐバスで空港。
やっぱり短かったな。
言葉が通じなくて、もどかしい思いをたくさんしたけど、とても楽しかった。
さよなら上海。また来年。
再見。

中国語がんばろ~